「お仕置きでハウス」は効果があるの?

「ハウスをお仕置きで使うと、ハウスに入るのが嫌いになるつて聞いたんですが」と、飼い主さんによく聞かれます。でも、私にはそうは思えないのです。

わが家では犬が悪いことをしたらハウスに入れます。その必要はだいぶなくなりましたが、今でもたまにやります。でも留守番で八ウスに入れるときは、みんな喜んでハウスに飛び込みます。それは、ひとかけらのおやつがもらえるからです。

トイプードルの『マリオ』のハウスは、居場所としてではなく、悪いことをしたときに閉じこめられるためにありました。まさに「お仕置き部屋」だったのです。入れられたマリオが中で吠えると、飼い主さんは。グーで殴っていたそうです。マリオは飼い主さん以外の人を噛むことがありましたので、ハウスで管理する必要性を感じました。そこで、ハウストレーニングをやり直すことに。

まず、お仕置きでハウスに閉じ込めることをやめてもらい、グーで殴るのもやめていただきました。体罰を使っていたこともあり、飼い主さんとの正しい関係を作り直すために、ベースプログラムを実施してもらいました。

次に、ごはんは必ずハウスの中で与えてもらうようにしました。ハウスの扉は、最初はしばらく閉めないようにしてもらい、おやつをゲージの中に投げてやったり、おもちゃを投げ入れて取りに行かせたりして遊ぶようお願いしました。

1回目のレッスンを終えたある日、飼い主さんから画像が送られてきました。それはマリオが扉が開いているゲージの中に入り、心地良さそうに丸まって寝ている姿でした。さて、マリオがお仕置きに使われていたハウスに、自ら入れるようになった証であるこの画像が届いたのは、最初のレッスンが終わってからどのくらい経ってからでしょうか?

1年?半年?1ヵ月?1週間? 答えは4日です。悪いことをしたら、ハウスに入れて反省させるのは、とても良い方法だと思っています。今していることができなくなるという「Time Up(時間切れ)」が罰なので、罰を継続する必要はなく、その時間切れの瞬間だけで十分。閉じ込めた部屋の中で罰が続くわけではありません。ハウスには自分のベッドがあり、トイレもあって、水やおもちゃもあったりして、犬にとっては快適な場所です。

「お仕置きで使ってしまったので愛犬がなかなか自分からハウスに入ってくれなくなった」とお悩みの飼い主さんは、こちらの指示で入れるときは、とっておきのおやつで誘導するようにしてください。ゆでたササミ、レバー、チーズなど、犬にとって魅力的なもので試してみてください。

少し話がそれますが、私は子どものころ悪さをしてはお仕置きで物置に入れられました。物置は狭いし、外から電気は消されるし、かなり怖かったので泣きわめいて許しを乞いましたが、母は私の「要求泣き」に応えてはくれませんでした。「宿題が終わるまでは部屋から出てはダメ」という罰もありました。

自分の部屋なので泣いてわめいたりはしませんが、部屋にテレビはないし、お腹が空いても食べるものはありません。終わるまで夕食にありつけないこともありました。しかし、だからといって自分の部屋を嫌いになることはありませんでした。

この理屈から考えると、お仕置きで犬を八ウスに閉じ込めても、ハウスを嫌いになることはないと思うのです。動物が閉じ込められることに対して嫌悪感を抱くのは当たり前だと思いますが、危険はなく、恐怖を感じる必要もないと理解し、あきらめることを覚えたら怖がらずに入っていられるものだと思います。

愛犬の問題行動に対して、イライラしたり声を荒らげたりするエネルギーを使うなら、スマートに淡々とハウスに入れてしまうのがいいと私は思うのですが、いかがでしょうか。