犬の散歩のコツ

前回話したヘンリーに進展がありました。

訓練所でのトレーニングを思い出してリードを引いてやると、あっという間にヘンリーは訓練モードに入り、上手に歩き始めました。

私はヘンリーとの会話が始まったのを実感しました。トイプードルくらいの大きさでしたら、長めにリードを持ち、リードの中間に手を沿えるようにして、少しでも勝手な動きをしようとしたら、リードを使って静止させるようにするとよいでしょう。

早く歩くと犬は興奮しやすいので、できるだけゆっくり歩きます。そうして歩いていると、数分もせずにヘンリーは落ち着きました。そこで、ヘンリーを連れて再び先ほどの家の前を通ってみました。相手の犬は激しく吠え、ヘンリーも応戦しようと前に出そうになりましたが、「ダメ!」と低めの強い声で制し、止めてやると、ヘンリーは自らこらえてくれました。

「いい子だ」と声をかけると、ヘンリーがパッと私の顔を見上げてうれしそうな表情をしました。訓練所でも、こうしてほめてもらっていたのでしょう。しかしいつものお散歩では、叱られることばかりだったかもしれません。ヘンリーはとてもほめられたがっているように感じました。

心が通じ合ってからのヘンリーとの散歩は、じつにスムーズでした。再度Uターンして、また先はどの犬の前を通りました。今度はヘンリーが反応する前に「ダメ!」と声をかけ、リードをしっかりと押さえながら歩きました。するとヘンリーは相手の犬にまったく反応せず、何事もなかったかのように歩き続けてくれたのです。

「よーし、いい子だ!」とうんとほめてやっておやつを与えると、ヘンリーはさらに変わりました。それからは満面の笑みで何度も何度も私の顔を見上げるようになりました。トイプードルのありがたいところです。そんなヘンリーを見て、飼い主さんは涙目になっていました。「後ろから見ていたら、ヘンリーががんばっているのがわかって……」。

引き続き私がリードを持ち、そのほか2軒ほど犬を飼っている家の前を通り過ぎましたが、ヘンリーはまったく反応せず、飼い主さんは何が起きたのか信じられない、という顔で、「えー、うそお!ホントに?信じられません!」と連発していました。もう私と歩いているときは吠えないでしょう。

次は、飼い主さんと歩いても吠えないようにコントロールしていかなくてはなりません。最初のステップとして、今後の散歩では、毎回一度も吠えずに家に帰ってこられるよう、できるだけほかの犬と出会わせないようお願いしました。庭先に犬がいるような家は避けて散歩し、飼い主さんと吠えずに散歩して帰ってくる、という成功体験を少しずつ積み重ねてもらうのが目的です。

トイプードルはもの覚えがいい犬ですがこのようなトレーニングは欠かせません。自宅で自分でできるトイプードルのトレーニングは「トイプードルのしつけ.jp」がとても参考になります。しつけで困っていたら一度見てみるといいかもしれません。

ヘンリーのトレーニングは、ただいま継続中です!